共和化工株式会社

INSTITUTION

導入施設一覧

八丈島一般廃棄物管理型最終処分場

東京都八丈町
最終処分場
八丈島一般廃棄物管理型最終処分場

事業概要

人口や観光客の減少が続く伊豆諸島においても、ごみの排出量は、増加傾向をたどってきており、ごみの適正処理のための費用負担の増大、不法投棄対策など、ごみ問題は避けて通ることのできない大きな課題となっていた。

東京二十三区清掃一部事務組合と協定を締結し、島しょ8町村から排出される焼却灰を東京の大田清掃工場に海上輸送して溶融処理するとともに、管理棟浸出水処理施設当組合において一般廃棄物の管理型最終処分場の建設管理を島しょ地域8町村の共同事業として行うことを決定した。

施設の特徴

●流入・調整設備
沈砂槽:浸出水中の砂等を除去
浸出水調整槽:浸出水の水質の均一化と移送水量の調整

 

●生物処理設備
pH調整槽:生物処理に適した範囲にpHを調整
BOD酸化槽・硝化槽:浸出水中のDOB除去とアンモニア性窒素の硝化
脱窒槽・再ばっ気槽:嫌気状態で窒素を除去し、残留するBODを除去

 

●凝集沈殿処理設備
混和槽・凝集槽:薬品注入を行い、水中の懸濁粒子をブロック
沈殿凝集槽:凝集槽で生成したフロックを沈殿分離することによりCOD・SS等を除去
中和槽:pHを中性付近に調整

 

●高度処理設備
ろ過器:処理水中に残存するSSを砂、アンスラサイト等のろ過層により捕捉し、除去
活性炭吸着塔:浸出水中のCODを吸着除去
逆洗水槽:高度処理された処理水を受水

 

●消毒・放流設備
消毒槽・放流槽:高度処理水中に残留する大腸菌等を滅菌処理し、放流

 

●汚泥処理設備
汚泥濃縮槽:引抜いた汚泥を濃縮し減容化
汚泥貯留槽:汚泥を貯留すると共に、空気撹拌により槽内の腐敗防止と汚泥濃度の均一化
脱水機:汚泥貯留槽より送られた汚泥を、含水率85%以下の脱水汚泥に

施設概要

名称:大島一般廃棄物管理型最終処分場所在地:東京都大島町差木地地内

 

<埋立処分施設>
■敷地面積:53,414㎡
■埋立面積:7,000㎡
■埋立容積:49,500m
■埋立方法:セル+サンドイッチ方式
■埋立対象:焼却残渣,不燃ごみ
■防災調整池:8,000㎥
■埋立期間:2006年(平成18年)4月〜2021年(平成33年)3月

 

<浸出水処理施設>
■処理能力:50㎥/日
■調整槽:1,020㎡
■処理方法:生物処理+凝集沈殿処理+高度処理+消毒

八丈島一般廃棄物管理型処分場 東京都島嶼町村一部事務組合

東京都八丈町八丈島八丈町末吉1547
04996-8-1820

BACK