共和化工株式会社

INTERVIEW

インタビュー
髙松

消費者の声に、嬉しさとやりがいを。

営業本部 東北支店 髙松

琉球大学 農学部 亜熱帯地域農学科 卒業し、共和化工へ新卒入社。現在、水処理で排出される汚泥や生ごみの堆肥化施設を増築し、資源循環型農業を全国で展開していくことを目標に業務に取り組んでいる。
入社の理由を教えてください。
元々は地元の企業に就職しようと考えていましたが、視野を広げるために全国で知識や経験を積もうと決意しました。
私の実家は兼業農家で高校・大学と農業を幅広く学び、我が国の農業ひいては地域農業に貢献出来る仕事に従事したいと考えていました。ある大学の講義で共和化工の事業内容を聞き、農業だけでなく地球環境を考慮し、循環型農業等の事業に取り組んでいることを知り「こんな企業は他にはない」と思い入社致しました。
現在の業務内容は?
・営業(堆肥化施設、水処理施設建設等の提案)
・事務処理(提案資料作成、指名願変更届等)
・YM堆肥実験 調査/収穫
・現場研修(いわちく/仙台ミート)
髙松
仕事でおもしろい、楽しい、やりがいがあると感じる瞬間は?
共和化工のYM堆肥を利用して生産された農産物や地酒が消費者の手元へ行き、「美味しい」「食感がいい」「呑みやすい」等の声を聞くと嬉しさと同時にやりがいを感じます。
また、農家の方々から「甘くて高品質な作物ができるようになった」「YM堆肥を使用したことで無農薬栽培を続けている」「経費の大幅削減と収量upに繋がった」等、喜びの声も仕事のやりがいとなっています。
これから共和化工で取り組みたいこと
・水処理で排出される汚泥や生ごみの堆肥化施設を増築し、資源循環型農業を全国で展開
・より多くの農家の方々へ安価な堆肥を供給(手助け)
・下水道由来肥料のメリットを広め、全国的に利用率を高めたい
・さらなる水処理技術や堆肥化技術のノウハウを高めたい

一日のタイムスケジュール

時計
  • 出社

    7:50
  • 営業(東北6県の役所・役場や組合へ)

    9:00
  • 休憩

    12:00
  • 営業(東北6県の役所・役場や組合へ)

    13:00
  • 事務処理、打合せ

    17:00
  • 退社

    18:00

採用情報

BACK