ホーム会社情報 > 沿革

沿革

1959(昭和34年) 福岡市において、と畜場の血液汚水処理業者として創業。
活性汚泥法による新技術を開発。
鹿児島県志布志町役場にと畜場汚水処理施設第1号機を納入。
1961(昭和36年) 本社を東京都新宿区市ヶ谷田町3丁目8番地に移転。
共和式二段酸化法を開発。
1964(昭和39年) 農林省千葉畜産試験場に家畜糞尿処理テストプラントを寄贈。
農林省農業技術研究所と共同研究。
千葉県御宿町農協に家畜糞尿処理施設第一号機を納入。
1966(昭和41年) と畜場施設整備に対する協力と功績により厚生大臣の感謝状授与。
多摩食肉株式会社立川食肉センターに処理施設を納入。
1967(昭和42年) 昭和39年に農林省畜産試験場に寄贈した糞尿処理テストプラントに対して
内閣総理大臣の褒状を授与。
1969(昭和44年) 福岡市城浜団地汚水処理施設を納入。
1971(昭和46年) 共和式汚泥脱水機(S.D.P)を開発。
1975(昭和50年) 東京都町田市に技術研究所を建設。
1977(昭和52年) 共和式汚泥乾燥装置を開発。
1980(昭和55年) 島根県食肉流通センターに急速発酵乾燥装置第一号機を納入。
1990(平成2年) 医療用移動焼却車を開発。
1993(平成5年) 農水省の農業機械等緊急開発実用化事業に生研機構との共同研究企業として参画。
1994(平成6年) 福岡県粕屋郡新宮町相島に海水淡水化装置を設置。
1996(平成8年) (財)畜産環境整備機構との交流共同研究開始。
関前村向け海水淡水化装置を施工。
2002(平成14年) 株式会社山有より超高温好気性菌、YM菌R(商標登録)の実施権を
独占的に許諾。
2005(平成17年) 技術研究所を「環境微生物学研究所」に改名。
ページの先頭へ